top-sushi-1.jpeg

​お知らせ

当店 鮨稲穂よりお知らせがございます。

天想 稲穂開店のお知らせ

拝啓

春光天地に満ちる季節となり、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り誠にありがたく深く感謝申し上げます。

さて私こと昨年より進めて参りました「天想 稲穂」を「四月一日」に開店する事となりました。

私の信念である事は「未完であり続ける事」つねに温故知新の精神をもとに稲穂を作ってまいりました。

それはこれからも変わることなく続けて行きたいと思います。

その思いを基に、

 

花板

茶木 郁也

参与

西川 真紀

 

両名により天想 稲穂を想い描き作っていきます。

コロナ渦により大変な情勢ではございますが、

ご来店いただけました時は、

感謝の気持ちを常に持ち最高の料理、

おもてなしをしていけるよう精進して参ります。

なにとぞご愛願のほどよろしくお願い申し上げます。

敬具

稲穂代表

三原美穂 

ーーーーーーーーーーーーーーー

店舗情報

4月12日より

昼の部

12:00から14:00

 

御献立

昼のお任せ

¥5,500

天重

¥2,500

天想の天ざる蕎麦

¥2,500

 

夜の部

18:00から23:00

 

御献立

夜のお任せ

¥12,000

¥8,000

                           

〒730-0028

広島県広島市中区流川町6-5 GAOビル5F

TEL FAX:082-242-5505

 

新型コロナウィルス対策について

鮨稲穂同様のコロナ対策を実施いたしております。

「理を料る」これは北大路魯山人の言葉だと記憶しています

単純においしければよいのではない

なぜそうするのかという明確な理論を持つ事

素材と対峙しながら自分なりの答えを導きだす事

その根拠を突き詰めた「理」がなければ料理とは言えません

調和とは、全体(複数)のものが具合良くつりあい整っている事をいいます 私が求める鮨とは 先の「理を料る」を前提に しゃりとネタ 温度を追求したものが私が求める鮨 調和です 

調和とは何か?

鮨稲穂にて味わっていただきたい

広島にて広島らしい瀬戸内鮨を日々考えてまいります。

「鮨稲穂」は、素材どうしの調和を意識し、瀬戸内海の海の幸を満喫していただける瀬戸内前鮨をご用意しております。
瀬戸内海を中心に広島近辺で水揚げされた新鮮な魚介を厳選し、米、酢、水は広島県産にこだわったものを使用しています。
鮨はもちろん、器や設えなどの細やかなところに至るまでこだわり抜いた、「鮨稲穂」の世界観をぜひご堪能ください。

  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube

©︎ 鮨稲穂 2021 /All rights reserved.

TEL / FAX 082-545-5458

〒730-0022  広島市中区銀山町11-11 スコッチ館銀山3F